100年企業3社の叡智を集め
次代の都市型集合邸宅に
求められる暮らしの新基準を

これからの住まいはどのようにあるべきか。
私たち大阪ガス都市開発、近鉄不動産、阪急阪神不動産は
地域を知り尽くすインフラ企業としての知恵と技術を結集させ、
さまざまな世代の人々の声を集めることで、ひとつの答えを導き出しました。
それこそが、『THE CENTURY CODE』という
次の100年を見据えた、暮らしの新基準です。
この新基準を叶える暮らしの舞台は、JR宝塚線「塚口」駅から徒歩3分にして、
約2.7haの緑と水のオアシス「上坂部西公園」を南面に抱く大阪ガス塚口社宅跡地。
新築分譲マンション「シーンズ塚口」は、この恵まれたアドレスに創造する
全166邸のライフステージです。
次代に誇れる都市型集合邸宅の新しい理想像が、ここに。

外観完成予想図

大阪ガス都市開発の生物多様性保全への取組み

  • 大阪ガス都市開発の生物多様性保全への取組み

時代を先駆け、
次代に誇れる環境性能

「エネファームtypeS」

全邸標準採用

「防災対応型

コージェネシステム」導入

西日本初

省エネ性を高める
数々の取り組みにより

「低炭素建築物認定」を
取得

※1 西日本初とは、西日本エリアにおいて初めて(全国では2例目)「容積不算入特例」が認められた新築分譲マンションとなります。
(2017年10月現在、国土交通省調べ)

※掲載の完成予想図は、設計図を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合があります。

※雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等、再現されていない設備機器がございます。

※掲載の完成予想図は、現地周辺の街並み写真(2017年10月撮影)をCG合成したもので、位置・スケール・向き等、実際とは異なります。

INFORMATION

6/30(土)
「シーンズ塚口」
第1期登録受付開始※1

  • 人生に感動の一部を
  • 大阪ガス都市開発の生物多様性保全への取組み